犬を散歩に連れていくことで、どのようなメリットを得られるのかをご紹介します。

MENU

犬の散歩は運動不足解消にも

犬は毎日お散歩に連れて行く必要がありますよね。

しかし、なぜ犬は散歩をする必要があるのかをきちんと理解されている方は少ないのではないのでしょうか?

散歩をする、と言うことは単に「運動不足を解消する為」以外にも大切な意味を持っています。

 

ここでは、犬にとって散歩をするということにどのような意味があるのかをご紹介します。

 

 

運動不足を解消する為

犬にとって散歩は運動不足だけではない、とはいうものの、散歩をして運動不足を解消する、ということは犬にとって大きな目的の1つであることは間違いありません。
現在では犬を外に繋いでいるよりも家の中で放し飼いをしている方の方が多いかと思いますが、家の中で自由に動ける状態でも運動不足になってしまうことは否めません。

 

また、犬にとって足の筋肉を維持する事はとても大事です。散歩をすることで足に筋肉をつけ、それによって関節炎など犬によって重大な病気になってしまうリスクを減らす事もできます。

 

また、運動をすることで肥満を予防する事が出来るので、足への負担を減らす事が出来たり、糖尿病など肥満によって引き起こされる病気のリスクを減らす事ができます。

 

 

外で刺激を受けさせる

犬と散歩する飼い主

人間も同じですが、家のばかりいると同じ環境で同じ人とふれあい、同じにおいの中で生活をする事になります。
散歩で外に出ることによって外のにおいや風などに触れたり、さまざまなものを見たり、色々な音に触れる事が出来ます。

 

また、外で自分以外の犬や飼い主以外の人と触れ合うことで犬の社会性を築く事が出来ます。本来、犬は群れで生活するものなので、犬に社会性をつけさせる事はとても大事になります。

 

また、外に出ることで刺激を受ける事で認知症の予防にもなりますし、家の中とは違う環境に触れることでストレスの解消にもつながります。

 

 

飼い主とのコミュニケーション

家の中で一緒に暮らしていても、ずっと愛犬と接してあげられるわけではありませんよね。仕事や家事に追われ、きちんと犬と向き合ってあげられる時間は少ないのではないのでしょうか?

 

犬も一緒に暮らしていくうちに飼い主の生活パターンがわかってきますので、ずっとかまってもらえるものではない、と理解をしていきます。
しかし、理解しているからといって寂しい思いをしていないわけではありません。
そんな犬にとって飼い主ときちんとコミュニケーションをとる事が出来る散歩は楽しみの1つでもあります。

 

また、犬は自分の体調が悪くてもなかなか外に出す事はありません。そのため犬の具合が悪くてもきちんと見てあげていなければ飼い主が気付く事ができません。散歩をすることで普段と体調が違うところがないかなど、犬の体調管理をすることにもつながります。